FC2ブログ

マイクロ不足を嘆く前に(SC2初心者向)

内政を鍛える
マクロ能力はスタクラ中でもっとも重要になるテクニックだと思う。相性や動き方が多少悪くても、コンスタントに相手より大量に良い軍隊出してればほぼ勝てる。(致命的なミスの場合もあるが)
とにかく理想の効率に向かって研究し挑戦することが勝利への近道で、オーダー研究もまずこの理想内政について考えることから始まる。効率的な内政を組めていないというだけで敗因となりうる。


1stベース定番オーダーの理解と定着
これはラッシュに類するものだけの話ではない。2ndに早くつなげる形やゆっくりつなげるオーダーなどあるが、いずれにせよ2ndを建てるところまでは理解しておきたい。この定着理解は2ndや3rdなど長時間に及ぶものでもするべきだが、1stベースの形は数が多いわけではないので分かりやすいのでハードルが低い。
いくらか1stベース定番オーダーを覚える頃には、内政・軍事・研究などについてオーダー間で比較することができるようになるし、オーダー間相性や展開について考察することもできる。錬度が上がりマイクロや視野や軽い変化球など味付けも身につくようになる。1stベースオーダーを比較する目安は、(ワーカー数やガスなど)内政関連を基礎として、軍事や研究関連が乗っかっているイメージ。あとはタイミングを計る感じ。
ランクを上げるなど勝ちたいならば早めのタイミングにフォーカスした1stか2ndベースラッシュ系のオーダーの錬度を上げるのがよいとされている。そういう意味でも1stベース定番オーダーの定着は非常に有用。安易・水増しと批判されるかもしれないが、低ランクだと相手も錬度が低く練習になりにくいので無理にでもランクは上げておくといい。


選択肢(ペイ(リスク)とリターン)
スタクラは選択肢の連続。オーダー、オーダーと連呼するが、つまりビルドオーダーであって建てる順番のこと。(実際にはユニット出す順番やスペルの順番も含まれる)
研究・生産・建設のみならず、ユニットをいくらどれだけ動かすか等も含め、行動全てを選択肢と捉えるべき。
全ての選択肢はより良い結果のためのリターンを期待して行う。間違った選択肢を積み重ねると負ける大きな一因になる。
この考え方は非常に重要。自然に身についてこないとならない。


偵察と類推
偵察は重要だ。でも偵察しても、何をやっているのか良く分からないというケースは多い。
オーダーとはつまるところペイとリターンに基づいて戦闘や内政の効率を追求することで、近いオーダーから足し引きして考えていくのが良い。結局のところ比較である。どんなオーダーもノーリスクノーペイで資源無限で軍隊や建設が一瞬で完成することはなく、組み立て上で必ずなんらかの制限を受けている。
プロ同士の試合でも、偵察していてさえ、新手のオーダーに適切に対処できていない光景は良く見るので、対処をミスって負けてしまうこと自体は恥ずかしいことではない。こういう場合リプレイを見て敗因を考察するといい。


シムシティ
シムシティはマイクロ負担もなく、無理に建てるのでなければコストも掛からないのに優劣がつく。何かに強くなるので、可能ならば形を暗記しておく。また、事前にどうしてそういう配置になるのか考えておければゲーム中にある程度オリジナルでもシムシティを適切に取れる。


ゲームを観戦する
上級者のゲームを観戦するのとリプレイを見るのは近い部分がある。自分より上級者のゲームは、自分より高級にそのオーダーを組み立て、相手のオーダーと戦っている。自分のリプレイ鑑賞時と違って自分のミスを咎めることはできないが、展開を考えるのは本当に勉強になる。
ゲームそのものをプレイするよりこういうほうが勉強になるんじゃないかって位。理論だけ出来てても実戦では頭が回らないことは多いので両立したい。


自己チェックに限界を感じたら
自分より上級者にアドバイスを仰いだり、スタクラの記事や動画に頼る。この場合でも、自分でいろいろ考えてからだと理解が早い。疑問に思ったら議論を吹っかけられる位考えてあるとベスト。
まあ上級者の意見といえども鵜呑みにすべきではないので、その意味でも自分で考えておくことが大事。





え、SC2について話す相手がいない・・・・・・?日本語情報は少なくて攻略に乏しい・・・・・?
そんなあなたにCLAN FUZZ
ブロンズからグランドマスターまでお待ちしております。
スポンサーサイト



スタクラ1の色々

starcraftの1/2の色々を色々する事を中心にした日本語ブログ。

カウンター
プロフィール

pycholon

Author:pycholon
メイン種族:Zerg
レベル:ダイア @SC2NA
クラン:FUZZ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム
広告
このページのトップへ