FC2ブログ

pcスペック:完成

自作pcのスペック。2011/4/28時点


<基礎>
プロセッサ:intel 第二世代core i7-2600 (Sandy Bridge)
メインボード:ASUS P8H67-M LE
グラフィックボード:CPU内臓
メモリ:DDR3 PC3-106400 4GB*2
電源:ENERMAX PRO87+ 600W
ケース:ENERMAX HOPLITE ECA3222

<入出力装置>
ディスプレイ:Acer V193WEbmd
キーボード:安物
マウス:elecomのレーザー もらい物
マウスパッド:サンワサプライの青いやつ

<ストレージ+ドライブ>
起動用SSD:crucial realSSD 64GB
データ保存用1:westerndigital 1TB
データ保存用2:seagate 1TB
光学ドライブ:sumsong バルク品


<ソフト>
OS:Windows7 pro 64bit
ゲーム:starcraft2

<アクセサリー>
CPUファン:KABUTO

合計約13万円+本とか交通費とか時間とか




はじめてのじさくぱそこん!!

本読んだりアドバイスもらいながら悪戦苦闘しました。。。
今のバイト先がPC関係なので知識を覚える程実際に役に立ついい環境ですが、かなり労力使った感があります。
買うのに通販と店頭品を駆使してます。トラブルに見舞われ起動まで1ヶ月以上と、非常に時間がかかったのでこれと別に奮闘記書きます。






選んだ基準

cpuと箱によい物を選び、基礎を高くしました。最新・ハイスペックの部類ですがコストパフォーマンスを重視。


オーバークロックに手を出す気がないので、CPUは2600のKなし。4コア8スレの超性能に低電力消費さらに内臓GPU付き。特に性能がいいですからそれだけ考えても価格が安く、文句のないコスパです。
ただしKつきの方が少し(3000円位)高い分内臓GPUの性能もいいですから、後から考えると2600Kがコストパフォーマンス面でも最高ですね。なんのためにKなしつくったんだろう。インテルインサイド!!!インテルインサイド!!!

メインボードはH67チップセットで内臓GPUを使えるようにしました。
エントリークラスの廉価版といいつつ基本機能に関しては十分でしょう。すこし拡張性が犠牲にはなってます。

箱がいい性能です。裏配線や下電源、前面USB3.0、上部ホットスワップポケットがついてます。
上部と左右側面が開くので配線がしやすく、使い勝手がいいですね。ミドルタワーはなかなかでかいですが。。。
前後のファンとパンチ加工で風ルートも確保でき冷却面は大丈夫。値段が割安だし、結構気に入ってます。
若干のパーフェクトではないにしろそれに近いので、これから買われる方にもオススメです。


グラボは内臓(HD2000)ですが、sc2は余裕で動きます。内臓で賄えたのは値段を抑えるのに大きいですね。
必要なら足すつもりですが、まあいらないでしょう。

電源は当初安物でデンジャラスだったので高級なものに。無駄な出費になりましたが、電源がおかしくなると周辺パーツに伝染する可能性や廃熱を考え、あんまり惜しむべきではないかなっと。

SSDですが、SATA3.0対応で約1万円とお得です。ドライバをいれてないクリーンな状態では、OSが30秒もせず起動しました。テラハヤス。

CPUクーラー導入したことで静音性能もバツグンになりました。光学は仕方ないですが、そもそもそんなにうるさくないケースの排出ファンがうるさく感じられる位。


全体的に非常に満足しています。と同時に欲が出てくるので、自作PC楽しいなあって感じました。
スポンサーサイト



スタクラ1の色々

starcraftの1/2の色々を色々する事を中心にした日本語ブログ。

カウンター
プロフィール

pycholon

Author:pycholon
メイン種族:Zerg
レベル:ダイア @SC2NA
クラン:FUZZ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム
広告
このページのトップへ